セフレのような浅くて薄い関係であっても、楽しく付き合うことが大事になってきます。
どういった関係性でも、お互い楽しくないと長続きしませんし、モチベーションを維持することもできないのです。

「次のセックスが楽しみ」、「明日会うのがワクワクする」、そう思えるような関係であれば、セフレであっても長く付き合うことができるはずです。
逆に言えば、そう思えないような関係であれば、早く別れて新しい相手を探した方がいいでしょう。

恋愛関係と違って制約や拘束は少ないですが、それでも限られたプライベートの時間を費やしてセックスをするわけですから、それだったら楽しまないと損です。
ただ性欲を満たしだけなら他にも方法がありますし、セフレだからこそ味わえる楽しさを満喫しましょう。

ただ、あくまでもお互いが楽しむことが大前提となりますし、自分だけ楽しくても相手がつまらないと意味がありませんし、それも意識しながらセックスをしていくようにしましょう。

セフレが作りやすい時代になったことで

昔に比べればセフレをとても作りやすい時代になりました。
ヤリ目的系のサイト、掲示板、そしてSNSなどのツールが登場したことで、セフレをゲットするハードルがとても低くなったのです。

もちろん、セフレが作りやすくなったのは喜ばしいこともでもありますが、一方で懸念事項もあったりします。
それは、無理に恋人を作らなくても、セックスだけに割り切った関係で十分だと考える人が増加するかもしれないことです。

すでに、今の日本は独身者が増えていますし、結婚をしても子供を産まない人も少なくありません。
また、40代を過ぎてから結婚をする人もたくさんおり、晩婚化も進んでいる状況です。

性欲を満たすだけなら、あえて恋人を作り必要もないわけですし、仕事であったり自分の趣味に専念することができます。
これまでは、セフレを作ることが困難でしたが、今は違うわけです。

もしかしたら、今後はさらに独身の人が増加して、結婚をしなくてもいいと考える人がどんどん増えるかもしれません。

Tags:
About Author: ほくろ